お知らせ


第103回(2021年6月)試験より,2級以上の出題形式を一部変更し,新しい形式の問題を導入します。

中検は日本語に立脚し,日本語を母語とする方を中心に,その中国語のレベルを高い精度で測るべく,絶えず点検・調整を続けています。それと同時に日本社会も国際社会の一員としてグローバル化が進み,語学教育とそれに伴う試験も目まぐるしく変化し続けています。変化の特徴の一つは,文法や語彙知識の習熟度を測るかたわら,コミュニケーション能力を重要視するようになったことです。そのため,多くの試験においてCEFRの基準が参照されるようになっています。
 このような状況の下,中検もコミュニケーション能力を測る試験として側面からの点検を行い,その結果,現行の試験問題がコミュニケーション能力を測る試験としても十分に機能していることを確認することができました。
 ただ,コミュニケーションを行うためのことばの運用能力は発信能力と受信能力とを必要としますが,筆記を中心とする検定試験は発信能力を測る部分が相対的に弱い宿命を持ちます。この弱い部分をカバーするべく設計したのが新形式の問題です。新形式の問題は,コミュニケーションにおける発信能力を測ることを主旨とし,筆記5の一問として設定されます。

出題例

“看电影”について,以下の語句を使い,50字以上80字以内で中国語の文章を書きなさい。(センテンス数は自由)
  “喜欢” “星期六”

解答例

我很喜欢看电影,上周星期六我和好朋友一起去看了一个日本电影。那个电影说的是日本年轻人的故事,很有意思,我也知道了许多日本年轻人的事。

2級,準1級,1級は,それぞれ使う語句の数と要求される字数が異なります。