出題内容


出題・解答方式


準4級
リスニング (選択式)
筆記 (選択式・記述式)
050点
050点
リスニング (選択式)
筆記 (選択式・記述式)
100点
100点
リスニング (選択式)
筆記 (選択式・記述式)
100点
100点
リスニング (選択式)
筆記 (選択式・記述式)
100点
100点
準1級
リスニング (選択式・記述式)
筆記 (選択式・記述式)
100点
100点
リスニング (選択式・記述式)
筆記 (選択式・記述式)
100点
100点

解答は,マークシートによる選択式及び一部記述式を取り入れています。
また,録音によるリスニングを課し,特に準1級・1級にはリスニングによる書き取りを課しています。
記述式の解答は,簡体字の使用を原則としますが,2級以上の級については特に指定された場合を除き,簡体字未習者の繁体字の使用は妨げません。但し,字体の混用は減点の対象となります。


採点委員会からの注意



合格基準点


  準4級 4級 3級 2級 準1級 1級
リスニング(点) 60 60 65 70 75 85
筆記(点) 60 65 70 75 85

4級〜1級は,リスニング・筆記ともに合格基準点に達していないと合格できません。

準4級の合格基準点は,リスニング・筆記を合計した点数です。

準4級は合格基準点に達していてもリスニング試験を受けていないと不合格となります。

合格基準点は,難易度を考慮して調整されることがあります。


認定基準


準4級

中国語学習の準備完了
学習を進めていく上での基礎的知識を身につけていること。
(学習時間60〜120時間。一般大学の第二外国語における第一年度前期修了,高等学校における第一年度通年履修,中国語専門学校・講習会などにおいて半年以上の学習程度。)

基礎単語約500語(簡体字を正しく書けること),ピンイン(表音ローマ字)の読み方と綴り方,単文の基本文型,簡単な日常挨拶語約50〜80。

中国語の基礎をマスター
平易な中国語を聞き,話すことができること。
(学習時間120〜200時間。一般大学の第二外国語における第一年度履修程度。)

単語の意味,漢字のピンイン(表音ローマ字)への表記がえ,ピンインの漢字への表記がえ,常用語500〜1,000による中国語単文の日本語訳と日本語の中国語訳。

自力で応用力を養いうる能力の保証(一般的事項のマスター)
基本的な文章を読み,書くことができること。
簡単な日常会話ができること。
(学習時間200〜300時間。一般大学の第二外国語における第二年度履修程度。)

単語の意味,漢字のピンイン(表音ローマ字)への表記がえ,ピンインの漢字への表記がえ,常用語1,000〜2,000による中国語複文の日本語訳と日本語の中国語訳。

実務能力の基礎づくり完成の保証
複文を含むやや高度の中国語の文章を読み,3級程度の文章を書くことができること。
日常的な話題での会話が行えること。

単語・熟語・慣用句の日本語訳・中国語訳,多音語・軽声の問題,語句の用法の誤り指摘,100〜300字程度の文章の日本語訳・中国語訳。

準1級

実務に即従事しうる能力の保証(全般的事項のマスター)
社会生活に必要な中国語を基本的に習得し,通常の文章の中国語訳・日本語訳,
簡単な通訳ができること。

(一次)新聞・雑誌・文学作品・実用文などやや難度の高い文章の日本語訳・中国語訳。

(二次)簡単な日常会話と口頭での中文日訳及び日文中訳など。

高いレベルで中国語を駆使しうる能力の保証
高度な読解力・表現力を有し,複雑な中国語及び日本語(例えば挨拶・講演・会議・会談など)の翻訳・通訳ができること。

(一次)時事用語も含む難度の高い文章の日本語訳・中国語訳。熟語・慣用句などを含む総合問題。

(二次)日本語と中国語の逐次通訳。

※1級合格者は通訳案内士試験の外国語筆記試験が免除されます。



Page Top