◎「中検」とは


「中検」とは

「中検」とは「日本中国語検定協会」の略称及び当協会が実施する「中国語検定試験」の略称です。
「中検」は,1981年秋に第1回試験を実施して以来,2011年3月の東日本大震災の影響により中止した第73回試験を除き,毎回欠かさず実施してまいりました。
その結果,累積志願者数103万人,累積合格者数39万人,年間志願者数4万人を数えるわが国最大の中国語試験に成長しました。
協会設立趣旨は,中国語学習者に対し,学習成果を正しく測る客観的評価基準を提供し,ひいては中国語学習意欲の増進を図ることにあります。
この姿勢は社会的評価として定着し,大学にあっては単位認定,企業にあっては採用・配置転換・人事評価等に利用されることが増えてまいりました。
「中検」の特長は,準4級・4級・3級・2級・準1級・1級の6段階の級別到達度判定試験であり,いずれの級にも中国語→日本語,日本語→中国語への翻訳を課していることです。
最近の傾向として,準1級・1級の最上位級に中国語ネイティブの受験者が増えていることが挙げられますが,これは準1級・1級に合格している中国語ネイティブに対し,多くの企業が中国語だけでなく日本語の運用能力を高く評価しているため,「中検」の級を取得することによってその力を有することを証明しようしているからです。

「中検」と「HSK」との違い

「中検」と「HSK」は同じ中国語の検定試験ですが性格を異にする試験です。
「中検」は,上記の通り中国語読解及び聴解能力のほか翻訳能力を問うものです。
「HSK」は,中国語による設問に中国語で答えることを求め,中国語の運用能力のみを問うものであり翻訳能力は問われておりません。
したがって,中検は日本の企業での活躍を目指す方,HSKは中国の大学本科への留学や中国企業で活躍を目指す方に適していると言えるでしょう。

「中検」・「HSK」対比表

試験の目的も出題形式も異なるため厳密な比較はできませんが(※),およその目安は下表の通りです。
中検 - 準4級 4級 3級 2級 準1級 1級
HSK 1級 2級 3級 4級 5級 6級 -

漢字文化圏に属し幼時より漢字・漢語に親しんでいる日本人学習者を主たる対象とする「中検」と,国際性を重んじ大半が非漢字文化圏に属する世界各国の学習者を対象とする「HSK」とを比較することは困難である。

「中検」は日本中国語検定協会の登録商標です。

Page Top